動画 of ソーラータウン府中・長寿命環境配慮住宅モデル事業

東京都と相羽建設・野沢正光建築工房による東京都府中市での木造ドミノ住宅16棟の分譲住宅プロジェクト

長寿命環境配慮住宅モデル事業「園路がつむぐ庭物語」

ソーラータウン府中

ああ

■木造ドミノ住宅の性能について

OMソーラー㈱の太陽熱・太陽光利用システム「OMクワトロソーラー」をご紹介します。
OMクワトロソーラーは、太陽熱や太陽光を利用して、暖房、発電、給湯、換気の4つの機能を果たしています。

㈱LIXILの断熱サッシ「SAMOS(サーモス)」をご紹介します。
住宅の中で、熱の出入りしやすい場所が窓です。とくに、窓のフレームが熱の伝わりやすい場所となっています。木造ドミノ住宅では、窓のフレーム面積を小さくして断熱性能を高くした窓を使用することで、エネルギー性能の高い家となっています。

旭グラスファイバー㈱の断熱材「アクリア」をご紹介します。
断熱材の性能が低いと、室内と外気との熱の出入りが大きくなってしまいます。木造ドミノ住宅では、一般的なものよりも性能が高い断熱材を使用することで、エネルギー性能の高い家となっています。

アーテック工房㈱の防蟻・防腐材「ヘルスコキュアー」をご紹介します。
シロアリ対策の防蟻剤にはシックハウスを引き起こす原因となるものもあります。木造ドミノ住宅では自然系の材料を主とした防蟻・防腐剤を使用することで、健康に暮らせる家づくりを行っています。


■木造ドミノ住宅の上棟動画 (2012年6月11日撮影)

2012年6月11日に第1期目の木造ドミノ住宅が上棟しましたので、その様子をぜひご覧になってください。木造ドミノ住宅は、耐力壁を外周のみとし、内部には大黒柱が1本もしくは2本しかないシンプルな構造なので、約2.5時間で屋根の野地板まで貼り終えることができました。動画は13時から17時30分までに作業した様子を撮影しています。
※15時~15時30分の休憩時間は省いています。